日本薬局 処方箋なしの薬
日本の電話:
国際電話:

処方箋なし!正規のレビトラ20mgを低価格で個人輸入

4.8

レビトラとは?

2003年にドイツのバイエル社から発売されたレビトラ (有効成分はバルデナフィル) は、ED治療薬としてファイザー社のバイアグラの次 (世界で2番目) に承認を受けた薬である。日本では2004年に厚生労働省により正式認可された。勃起不全の治療に使われ、催淫剤や性欲増進剤ではない。

レビトラ 20mg20mg
製品 用量 数量 + ボーナス 価格
レビトラ 20mg 4 ピル
$ 38.89
購入
レビトラ 20mg 8 ピル
$ 72.93
購入
レビトラ 20mg 12 ピル
$ 99.62
購入
レビトラ 20mg 24 ピル
$ 158.00
購入
レビトラ 20mg 36 ピル
$ 209.44
購入
レビトラ 20mg 48 ピル
$ 258.16
購入
レビトラ 20mg 60 ピル
$ 329.65
購入
レビトラ 20mg 92 ピル
$ 455.13
購入

名称の由来はフランス語の「le (男性定冠詞)」、ラテン語の「vitra (生命)」である。

レビトラは、先発のバイアグラの欠点を補うような以下の長所がある。

  • 食事の影響を受けにくい (腹八分目程度であれば基本何を食べても効果を発揮)
  • 効果は15分で発現。

レビトラは速効性で他のED治療薬に抜きん出た卓越さでせっかちな男性の猛烈なプッシュを受けている。

レビトラの日本国内の販売方法

日本国内においてレビトラはバイアグラに続き病院で医者の診察により処方される医療用医薬品であると認可されている。よって病院経由の入手が正規ルートである。担当科は泌尿器科や内科、またED治療の専門外来である。

レビトラが処方されるには、簡単な問診で済むので、診療時間が長引くことはない。せいぜい10~15分程度である。レビトラ処方での主な要確認事案は病歴と現在の服薬状況である。この2点に問題があれば、レビトラではなく別の薬や治療法を採用することになる。

レビトラはもともと海外発の薬 (独バイエル社) のため、これから解説するように日本の通販サイトのホームページや海外サイトからの個人輸入が可能である。

レビトラ入手と日本の薬事法

レビトラに対して知っておくべき薬事法に関わる内容は主に以下である。

  • 本薬は厚生労働省により正式認可された処方箋医薬品である。
  • 医師の処方箋により薬剤師が対面で調剤・指導する (対面販売の原則)。
  • 日本国内生産のレビトラ薬は通販 (非対面販売) 入手不可
  • 海外生産品のレビトラは通販サイトホームページ経由の入手可能

処方医薬品の販売規定は薬事法第49条第1項で定められている。つまり、処方せん医薬品であるレビトラは日本国内で処方箋を持たずに入手するのは不可なのである。しかし通販サイトや個人輸入という手を使えばレビトラを合法的に病院にアプローチせずに入手できる。

レビトラの日本国内での通販

レビトラはクリニックだけでなくウェブサイト経由の入手も可能である。診察料や来院する手間を考え合わせて通販を利用する人もいる。ただし日本の薬事法下では医師の指示で処方される薬のため、確実な効果が期待される反面、身体に合わなかった場合の副作用はドラッグストアなどで処方箋なく気軽に入手できるサプリメントとは桁違いのため、服用には自分の体調に細心の注意を払うという要請がつく。

インターネット上では、正規品そっくりの偽造品が掲載・販売されている場合がある。そのためインターネット通販で購入する場合は、通販サイトが信頼できるかどうか、また製造元を十全に念を入れることが重要である。

レビトラは個人輸入可能か?

レビトラは日本だけでなく海外でも流通している薬のため、海外生産品分のレビトラであれば個人輸入可能である。その場合、当然パッケージや使用上の注意・用法用量は英語での記載となっているので、英語が理解できない場合は、自力でインターネット検索することになる。その説明はクリニックやレビトラ製造販売元のバイエルなど、信頼できる情報ソースをあたること。

海外生産品であっても日本で処方される効果効能はイコールであるので心丈夫に服用できる。個人輸入の手配は一遍してみるとコツをつかんで回数を重ねるごとに心理的負担が軽くなるものである。そのため、いつまでもうじうじと迷うくらいであれば使えそうなサイトの候補を決めてどこから輸入しようかと楽しみに眺めることをおすすめする。

レビトラの効果や使用感レビュー

レビトラを飲んだ後の効果やレビュー内容は以下のものがある。レビトラは、その効能と安全性が認められ厚労省が承認した処方薬であるが、実際の服用者の感想を読むと「さすが厚生労働省承認薬」とうなること請け合いである。

  • 個人差はあると思うが1回の服用で3回できた。
  • 飲むと身体が熱くなってくる。
  • 効果を実感しているので10年使い続けている。
  • 勃っている状態がラストまで続いてくれる。
  • まずはふたつに割って試してみたが思ったような効果が出なかったため1錠に落ち着いた。

用立てた後の感想では、レビトラを服用したほとんどの人がその効果を十分感じて継続して愛用していることが窺える。また、ドクターの助言を受けて入手するわけではないため、自身で最初は半錠にして、効果が薄ければ1錠まるごと服用と自分の身体と相談して使用し、ぴったりの服用量を割り出して挿入できる硬さを享受している人もいる。

レビトラの飲み方

レビトラの服用は以下の用法・用量を拠ること。指示内容をつつがなくこなせば我がことながら惚れ惚れするくらいの効果が出る。

  • 番う前の15分~1時間前に水やぬるま湯とともに飲む。
  • 上記の時間経過後ペニスに性的刺激を与えて勃たせる。

レビトラ服用のポイントは、空腹時または700kcal以下の脂肪分の少ない和食のようなメニューである。それから性的な興奮・刺激をペニスに与えると性行為が可能な程度に勃起する。

ハンバーガーのようなハイカロリーの食事をすると有効成分の吸収が困難となり、本来の効果が発揮されないおそれがある。そのため食事はほどほどに抑え日本酒やビールなどアルコールは適度な量にしておく。飲み過ぎは、宿酔いのみならずレビトラの効能を台無しにし、せっかくのいい雰囲気が壊れてしまうので飲み過ぎにはくれぐれも注意する。

一旦飲めば、これまでとは別人のように精力に満ち、両方が会心の効果と手応えを噛みしめることになる。

レビトラの副作用や処方不可、併用禁忌薬について

レビトラには、その副作用として消化不良、めまい、頭痛、ほてり、動悸などがある。そのため、狭心症、不整脈を持っているや直近6ヶ月間に脳梗塞や心筋梗塞などを起こした人には処方できない。

また、薬同士の飲み合わせで危険な副作用の出る可能性があるため次の性質を持つ薬との併用はできない。

  • 血管拡張剤
  • 抗不整脈用の薬
  • CYP3A4阻害薬
  • 血圧降下薬

このような処方薬を服用している場合はまず医師に相談し、適切な対策をとること。

マイアカウント マイアカウント

サービスの向上のために当社はCookieを使用しています。このサイトを利用することにより、当社がCookieを使用することにあなたは同意するものとします。

了解